岡山・倉敷のエクステリア&ガーデン設計施工 エクステリアショップ城(しろ)

このページのトップへ
ホーム »施工事例 » 新築外構(お庭)&エクステリア施工事例 » 倉敷市 M様邸 自然石材とハードウッド 自然素材を活かした重厚感あふれるセミクローズドスタイル外構

倉敷市 M様邸 自然石材とハードウッド 自然素材を活かした重厚感あふれるセミクローズドスタイル外構

自然素材で建物との調和を大切に

デザインウォ―ルは方形の自然石材貼りで構成し、サイン&ポストはシンプルなステンレス色で重厚感とシャープさを演出。木調フェンスはハードウッドの代表格であるアマゾンジャラを採用。デザインウォ―ルとフェンスは、主役の建物との調和を大切に色合いを合わせています。

元建築職人さんのお施主様は、室内にもモダンなデザインで木材を使用。
建屋内と外の繋がりをもたせて、ハードウッドでフェンスを造らせて頂きました。
デザインウォ―ルとアプローチには、方形の自然石材を採用して重厚感とモダンな景観を演出しています。

( ご要望 )
● 南面境界を道路後退線に沿ってつくりたい。
● 南面からの視線を緩和したい。
● 東面境界には木調でフェンスをつくり、出入り口は東面だけに限定したい。
● 表札はシンプルなステンレス製のものにしたい。
e.t.c...パーツのイメージに合わせてデザインさせて頂きました。
建物3件はゆうに建つ広大な敷地で、南側道路との高低差もありました。
( Before )
CAD作成中の3Dパース図面。落ち着いた雰囲気の建物をどうやって明るく魅せるか・・・ここから始まりました♪
3Dパース図
主役の建物の外壁と軒天の色遣いに注目し、自然素材の色彩でコーディネート。素材の質感を大切に、ナチュラルに、外観だけでなく室内とのつながりをもたせてデザインさせて頂きました。
( After )
古い住宅街のなかにあるため、境界を控えた道路後退線。古いブロックが地中にあり、近隣の方も安全に通れるようにとの配慮が必要でした。
( Before )
境界塀の内側(宅内側)と道路側との高低差を考慮して、出来るだけ高さを抑えながらも宅内側への視線の緩和に配慮させて頂きました。
( After )
施主様ご要望のステンレス製表札。素材の組み合わせ方ひとつで、魅せ方が変わります♪
サイン
主役の建物と同系色でコーディネートしていますが、素材の質感と色の濃淡で明るさを演出しています。もちろん、石材独特の重厚感も大切に・・・♪
( After )
ハードウッドには最初から塗料を塗らず、まずはナチュラルに自然の色合いを楽しんで頂きます。
横張りフェンス
30cm×60cm方形の石材。1面の大きさを少しずつ変えて動きをもたせ、更に奥行き感を演出しています。
アプローチ乾燥
湿潤時のアプローチ石材敷き。乾燥時とのふたつの異なる表情を見て頂けます。
アプローチ湿潤
石材の色決めから想定していたモルタルのアクが出てきました。こういう細かい汚れ方を想定しておくのも必要です。
アク取り洗浄中
一般的にはモルタル等で仕上げるデザインウォ―ルと縁石の隙間も、アプローチと同じ石材を加工して敷いています♪
細かな石材貼り
ハードウッドの代表格=アマゾンジャラ 和風建築の大工が下穴をあけるときには、インパクトのキリ自体が摩擦で熱をもち、煙が出ていました。さすがに硬くて耐久性のあるハードウッドです。
下穴奮闘中
建築基準法で定められた1m20cmを超える高さの境界ブロック。内と外での高低差があり土圧も少しかかるので、直角方向に控えを入れています。
控え付き境界塀
室内から眺めるための中庭には、日陰耐性のハイノキ株立を植樹。観て楽しむスペースです♪
中庭植栽

« 前の【新築外構(お庭)&エクステリア施工事例】を見る  |  次の【新築外構(お庭)&エクステリア施工事例】を見る »

« トップページに戻る
エクステリアショップ城

[お打合せルーム]
〒710-0834
岡山県倉敷市笹沖638-1
オークビル2階
TEL:086-441-3715
※ご来店の前にご連絡を
お願いします

[本社]
〒711-0911
岡山県倉敷市児島小川
9丁目6-16-1
TEL:086-441-3715


エクステリアショップ城 スタッフ募集中